Menu

スタッフ紹介

Home

代表挨拶

株式会社脳PLUS代表取締役の山本秀一朗です。
 私は、総合病院や、地域でのデイサービスでの勤務を経て、脳卒中後遺症に悩む方の多さを目の当たりにしました。現在脳卒中後遺症でお悩みの方は全国で130万人いると言われています。そして皆さんのお悩みを解決する場所が現在の日本にはほとんどない事を知りました。
 デイサービスの運営を行なった際、実は脳卒中専門のデイサービスにするつもりでしたが、実際に動き出してみたら、脳卒中の方以外の利用者様が多いというのが現実で、介護保険下で特化したものを作ることの難しさを痛感しました。また、保険下で行うリハビリでは時間や頻度の縛りが多く、提供したいサービスができない憤りを感じていました。
 私は、総合病院勤務時代より、先人から学んだ脳卒中の知識技術を、同職種の皆様にお伝えする活動をしております。その中で、同じように知識技術を身につけても、してあげたい事が出来ない憤りを感じている仲間に出会いました。  リハビリをしたいけど、する場所のない脳卒中後遺症でお悩みの方。人一倍、知識技術の研鑽を行い、もっと脳卒中でや悩んでいる方に貢献したいと考えている作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の先生がいるのに、双方をつなぐ場所がない。
 そんな色んな想いから生まれたのが
「株式会社脳PLUS 脳卒中専門リハビリステーション」です。
 病院や介護保険のリハビリで改善が難しいと言われ諦めかけている方、発症から何年も経過し症状の変化を感じられない方、病院でのリハビリを終え、自宅に帰ってきたばかりの方。どんな人のお悩みにもお答えします。
 私たちは脳卒中でお悩みの皆さんの希望を絶対にあきらめません。ですので皆さんも自分の体や脳の事を諦めず私たちにご相談ください。少しでも多くの脳卒中後遺症でお悩みの方のお力になれるよう突き進んでいきます。
                                      2017年11月

病院での実務経験を5年以上積んだ作業療法士理学療法士など国家資格取得者が、脳卒中専門のリハビリの勉学と訓練を3年重ね、脳PROセラピストとして運動学習理論に沿ったリハビリプログラムを患者様にマンツーマンで提供しています。病院で180日を過ぎたリハビリ難民の方や、発症から数十年立った方までを対象としています。